今朝のLINKED通信〈2021年2月8日号〉

新型コロナワクチンの副反応、「アナフィラキシーショック」とは?

2021.02.08929 views

今朝のLINKED通信

新型コロナワクチンの副反応、「アナフィラキシーショック」とは?

ファイザー社やモデルナ社のmRNAワクチンでは、接種後の副反応として、接種部位の痛みや腫れ、発熱、頭痛などが報告されています。
人によっては強い症状もあるようですが、多くは数日で回復するそうです。
では、どのような副反応にとくに注意すべきでしょう。

続きを読む閉じる

用心したいのは「アナフィラキシーショック」。

ワクチン接種時に用心しておきたいのは、「アナフィラキシーショック」という副反応です。

アナフィラキシーとは、短い時間のうちに、複数の臓器(皮ふ、呼吸器、消化器など)や全身にあらわれる、アレルギー症状のことです。

そのなかでも、血圧が低下する、意識レベルが下がるなど、生命にかかわる重症の場合を、「アナフィラキシーショック」といいます。

アナフィラキシーショックの起こる確率は10万人に1人。

ファイザー社のmRNAワクチンのアナフィラキシーショックは、接種した約189万3,360人のうち、21人で確認されました。

つまり頻度は、10万人に1人くらいで、非常に低いことがわかります。

また、すぐに対応できたため、調査中の1名を除き、20名が回復したとの報告があります。 (米国疫病予防管理センター:1月15日)。

接種後の観察が重要。

アナフィラキシーショックはできるだけ早く気づいて、対応すれば、重症化を防ぐことができます。

そのため、新型コロナワクチンでは、「接種後15〜30分間の観察時間」が推奨されています。

アナフィラキシーなどの副反応は、どんな予防接種でもみられるものです。

新型コロナワクチンについて、過度に怖がることなく、正しい情報を知って、リスクに備えておきたいものですね。

■詳しくは、コロナ専門家有志の会「新型コロナの病原性とワクチン:変異株の影響は?(2021年1月29日)」へ

閉じる

NEWS & <Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>