岡崎市民病院

乳がんと言われたら? 手術しかないと思い込む前に、知っておきたいこと。

コロナ禍でも気をつけるべき病気について:乳がん

2021.02.1690 views

「乳がん検診で異常値があったけれど、もしかして乳がん?」と悩むあなた。

不安や疑問をそのままにしないで、自分の異常値について医療機関で再確認することが大切です。何科を受診すればいいか、相談する医師はどう探したらいいのかなど、乳がん治療に対する正しい知識を身につけましょう。

→セルフチェックの方法は?乳がんから自身を守ろう 【WEBセミナー「乳がん検診で異常を指摘されたら」】

手術、抗がん剤、放射線を組み合わせて治療を行う

乳がんは、主に乳腺外科が診断と治療を行っています。乳腺外科が独立していない場合でも、外科の中に乳腺担当医がいる場合は診療を行うことができます。外科と聞くと、手術中心と思うかも知れませんが、乳がんの標準的な治療は、手術、抗がん剤、放射線などを組み合わせて行い、何通りもの方法があります。どの治療法がその人にそって最適なのか、治療後の生活も踏まえて、本人と医師が話し合って決めることが大切です。

乳がんの専門家である乳腺専門医を探そう

では、どのような医師に相談するといいのでしょうか。

 

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア
  • 岡崎市民病院
    岡崎市民病院
    岡崎市民病院は、岡崎市と幸田町の人口43万人の命と健康を預かる高度急性期医療を得意とする地域中核病院です。2020年4月に愛知県がんセンター岡崎病院が岡崎市に移管され、岡崎市立愛知病院となったことに伴い、愛知病院で行ってきた専門性の高いがん診療を順次、岡崎市民病院で実施できるようにしています。今後も市民・町民のみなさまから、困ったときに頼りになる市民病院でいられるよう、体制を整えてまいります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>