今朝のLINKED通信〈2021年8月2日号〉

新型コロナ重症化を防ぐ飲み薬に大きな期待。

2021.08.02793 views

今朝のLINKED通信

治療薬

新型コロナ重症化を防ぐ飲み薬に大きな期待。

先日、新型コロナウイルス感染症の軽症者用の薬として、
中外製薬の「抗体カクテル療法」が薬事承認されました。
しかし、この薬は点滴で、入院患者が対象になります。
では、飲み薬の開発はどの程度進んでいるのでしょうか。

続きを読む閉じる

治験の最終段階のコロナ飲み薬は…。

軽症者のコロナ治療に使う飲み薬は、国内外の製薬大手が開発を進めているところです。
その代表的な薬を紹介します。

●「アビガン」(富士フイルム富山化学)
 抗インフルエンザを転用した薬。治験は最終段階。

●「モルヌピラビル」(米国メルク社の日本法人MSD)
 1日2回、5日間の服用を想定。治験は最終段階。

●「AT-527」(中外製薬)
 中外製薬が親会社のロシュから開発・販売権を得た薬。治験は最終段階。

7月から塩野義製薬が新たな飲み薬の治験を開始。

さらにこの7月、塩野義製薬が、新しいコロナ飲み薬の治験を開始しました。

この薬は、既存薬からの転用ではなく、コロナ治療専用の薬。

1日1回の服用を数日間続ける使い方を想定しているそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらの薬が一日も早く承認され、自宅・宿泊施設での療養中の人、また入院待機中の患者に使われるようになることを願うばかりです。

■詳しくは、日本経済新聞『コロナ飲み薬、塩野義が治験開始 家で投与可能に(2021年7月26日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>