中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine
地域の中でのケアサイクルを支えよう
ヨナハ総合病院

コロナ禍での運動不足をどう防ぐ? 今意識したい「筋活」とは。

コロナ禍でも気をつけるべき病気・健康情報:運動不足解消

2021年3月6日|1,110 VIEW

新型コロナウイルス感染症対策と向き合うなか、運動不足によって、身体的・精神的な健康を脅かす健康二次被害が心配されています。では手軽にできる運動不足解消には何があるのか。本記事では、今、必要な「筋活」を考えていきます。

→運動不足が気になる方、必見!【WEBセミナー「自宅で簡単セルフチェック&メンテナンス」】

運動不足の結果、筋力が低下。ロコモになる前に、筋活を意識する。

コロナ禍の今、多くの方が、「運動不足」を実感しているのではないでしょうか? 新型コロナウイルス対策として、令和2年4月に発令された緊急事態宣言を受け、さまざまな企業が自宅待機やテレワーク、在宅勤務を進めました。社会全般では、「自粛」「不要不急」「3密回避」といった言葉とともに、誰もがどんどん行動範囲を狭め、平日も休日も自宅にこもりがち。「新しい生活様式」を探りながら一年近く過ごすなか、運動不足に陥ったというケースが増えています。

こうした結果、今後は増えると懸念されているのが、ロコモです。ロコモとはロコモティブシンドロームの略称。加齢や運動不足といったことで筋肉や骨、関節の機能が落ち、移動能力が低下した状態をいいます。従来は高齢者中心でしたが、コロナ禍では、高齢者だけではなく、すべての世代に広がる可能性があるといわれています。コロナの時代。筋力低下を防ぐために、今からでも筋活を意識していきましょう。

1時間に1回くらい、少しだけ運動。
足踏み、かかと上げ、片足立ちからでも。

足踏み、かかと上げ、片足立ちからでも。

これをお読みの方のなかには、ウォーキングやランニングを続けている方もいらっしゃるでしょう。そうした方々は、自分のペースや時間、効果などはよくご存じのことと思います。そうではなく、普段からあまり積極的に運動しなかったという方は、急に「さあ、運動」といっても、なかなか難しいものですね。そうしたときは、少しでも体を動かすことを取り入れると良いようです。

 

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>