今朝のLINKED通信〈2021年3月18日号〉

新型コロナワクチン、気になるアナフィラキシーの報告。

2021.03.18270 views

今朝のLINKED通信

実効再生産数

新型コロナワクチン、気になるアナフィラキシーの報告。

国内では、医療従事者を対象にしたファイザー社の新型コロナウイルスのワクチン接種が進められています。
そのなかで、最近、毎日のように耳にするのが、アナフィラキシーという副反応です。

続きを読む閉じる

アナフィラキシーの主な症状は?

アナフィラキシーは、短時間で起きることのあるアレルギー反応です。

じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急におこります。

また、血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合を、アナフィラキシーショックと呼びます。

厚労省がアナフィラキシー疑い事例を分析。

厚生労働省の専門家部会は、ワクチン接種後にアナフィラキシーの疑いがあると報告された事例を分析。

今月9日までに国内で報告された17件について「ブライトン分類」と呼ばれる国際的な評価指標に基づいて分析した結果、アナフィラキシーに該当したのはおよそ4割の7件だったということです。

厚生労働省は安全性に重大な懸念は認められないとして、接種を勧めていく方針です。

ただし、接種後は少なくとも15分、過去に重いアレルギー症状を起こした人は30分は必ず経過を観察することが必要です。

■詳しくは、厚生労働省「新型コロナワクチンのQ&A」へ

■詳しくは、NHKおうちで学ぼう!「アナフィラキシーの疑い、重大な懸念認められず 厚労省分析(2021年3月12日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>