中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
病院の〈知識〉を生活者の〈知恵〉へ
西尾市民病院

その痛み、骨折かも? 見逃さないで早期治療を。

コロナ禍でも気をつけるべき病気・健康情報:骨折

2021年3月12日|1,346 VIEW

健康な骨では、かなり大きな力がかからないと骨折しません。でも、高齢になると、ちょっとした刺激で骨折してしまうことがあります。しかも、骨折とわからず、ねんざや打ち身だろうと放っておくと、悪化したり、いつまでも痛みが続くことも…。転ばぬ先の杖、骨折について正しい知識を知っておきましょう。

→膝や股関節などの痛みを我慢されている方に 【WEBセミナー「骨折をより素早く判断できる可能性大!新導入デュアルエナジーCT」】

骨折にはどんな種類があるの?

骨折とは、骨が壊れることです。したがって、ヒビも骨折の一つですし、骨の一部分が欠けたり、凹んだ場合も骨折に含まれます。
骨折には、骨の折れ方や程度などによっていろいろな分類があります。

代表的なものを紹介しましょう。

< 骨折部と外界との関係による分類 >

■開放骨折
骨折と同時に皮膚が破れて骨折部が露出したもの。傷口が泥や細菌で汚染されていることが多いので、治療を急ぐ必要があります。

■粉砕骨折
骨折部が複雑に粉砕したもの。

■皮下骨折
骨折部位の皮膚が破れていない状態。単純骨折、閉鎖骨折ともいいます。

< 程度による分類 >

■完全骨折
骨の連続性が完全に断たれた状態。完全に折れている骨折のこと。

■不完全骨折
転位(ずれ)のない、ヒビだけの骨折。

< 原因による分類 >

■外傷性骨折
正常な骨に一時的に強い外力が加わって生じる骨折。

■病的骨折
腫瘍・代謝性疾患の影響により、骨強度の低下した骨に微少な力が加わったときに起こる骨折。

■疲労骨折
同じ場所に繰り返し長期間、力がかかり続けることによって起こる骨折。

 

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>