中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

インフルエンザと新型コロナワクチン、どっちを優先すべき?

今年の冬に備え、インフルエンザワクチンの接種が始まっています。
これから新型コロナウイルスのワクチンを接種する人は、どちらを優先すべきでしょう。

続きを読む閉じる

社会全体で、インフルエンザに対する免疫が低下。

今年の冬、インフルエンザが流行するかどうかはまだわかりません。

ただ、日本感染症学会は、前のシーズンにインフルエンザにかかった人が極めて少なかったことなどから、社会全体で免疫が低下しているため、今シーズンも積極的なワクチン接種を呼びかけています。

どちらか一つ選ぶなら新型コロナワクチンを。

インフルエンザの予防接種については、「とくに重症化しやすい小児、高齢者、妊婦、対人業務を行っている人は打った方がいい」といいます。

また、新型コロナとインフルエンザか、どちらか片方しか打てない場合は、「コロナを優先してほしい」という医師の意見もあります。

なお、新型コロナとインフルエンザワクチンは、2週間の間隔を空けると接種が可能になります。

ワクチン接種を考えている人は、しっかり計画を立てて臨みたいですね。

■詳しくは、メーテレ『インフルエンザと新型コロナ ワクチン接種どちらを優先すれば?医師に聞いた(2021年10月15日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>