中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

若い人はワクチン接種後1週間は激しい運動を控えて。

厚生労働省では、新型コロナウイルスのワクチン接種後の注意点として、
ワクチンを受けた当日は、激しい運動や過度の飲酒などは控えるよう訴えています。
さらに、若い人はもう少し長く、運動を控えたほうがいいという意見もあります。

続きを読む閉じる

自治体から保護者への呼びかけ。

加古川市のホームページでは、「12歳から15歳のお子様の接種について」というタイトルで、保護者に対し、次のように呼びかけています。

ーーーーーーーーーー
「加古川市の新型コロナワクチンは、ファイザー社製のワクチン(コミナティ)を使用しています。

ワクチンを受けた後には、痛みなどの局所的副反応、発熱・疲れた感じなどの全身的副反応が出ることがあります。

これらの副反応は、高齢者に比べ、年齢の若い方により多く出ることがわかっています。

また、まれに心筋炎や心膜炎の発症が報告されています。

接種後2~3日、できれば1週間程度は激しい運動を控え、発熱等の副反応を疑う症状に気をつけて過ごすことが必要です。」

ーーーーーーーーーー

シンガポールでも、激しい運動を避けるよう勧告。

すでに、運動への注意を促している国もあります。

シンガポール保健省は、新型コロナウイルスワクチンの最新ガイドラインを公表し、接種から1週間は激しい運動を控えるよう勧告。

ワクチン接種を受けるすべての人、とくに未成年の若者と30歳未満の男性に対し、「さらに慎重を期す措置」として1、2回目ともに接種後1週間は激しい運動を避けるよう求めています。

若い学生さんやお子さんが運動部に入っている場合、クラブ活動は1週間くらい様子を見た方がいいのではないでしょうか。

■詳しくは、加古川市『12歳から15歳のお子様の接種について(2021年9月28日)』へ

■詳しくは、Bloomberg『ワクチン接種後の激しい運動、控える期間を延長-シンガポール新指針(2021年7月6日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>