中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

コロナ飲み薬、アメリカで申請へ。

先日、塩野義製薬が、新型コロナウイルスの治療用の
飲み薬を開発中であることを紹介しました。
同様に今、海外でも飲み薬の開発が進められており、
その中の一つ、アメリカの製薬メーカー・メルクがコロナ飲み薬を申請するそうです。

続きを読む閉じる

新型コロナ経口治療薬「モルヌピラビル」とは?

メルクが開発しているのは、新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」です。

もともとインフルエンザ治療薬として開発されたもので、ウイルスの遺伝子に対して複製エラーを生じさせ、増殖を防ぐよう設計されています。

メルクはできるだけ早く米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する方針です。

「モルヌピラビル」は入院や死亡リスクを約半分に。

軽中等症の成人のコロナ患者にモルヌピラビルとプラセボ(偽薬)を投与した治験で、モルヌピラビルは入院や死亡のリスクを約50%低下させました。

<患者775人を対象にした臨床試験でわかったこと>
●モルヌピラビルを投与された患者で、入院が必要になったのは7.3%
●プラセボ(偽薬)を投与された患者で、入院が必要になったのは14.1%
●モルヌピラビルを投与された患者の中に死者はでなかったが、プラセボを投与された患者のうち、8人が後にCOVID-19で死亡した

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
非常に高い効果が期待される「モルヌピラビル」。

塩野義製薬の飲み薬とともに、一日も早く実用化されることを願いたいですね。

■詳しくは、BBC NEWS『新型ウイルスの経口治療薬、入院・死亡リスクが半減 米製薬会社が緊急使用申請へ(2021年10月2日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>