今朝のLINKED通信〈2021年9月3日号〉

新型コロナ、アストラゼネカの抗体医薬にも期待。

2021.09.03230 views

今朝のLINKED通信

コロナ

新型コロナ、アストラゼネカの抗体医薬にも期待。

新型コロナウイルス患者の重症化を防ぐ「抗体カクテル療法」が、
入院患者だけでなく、外来診療でも受けられるようになりました。
これは私たち生活者にとってうれしいニュースです。
さらに、この抗体カクテル療法につづく新薬の開発が、世界で進められています。

続きを読む閉じる

アストラゼネカの抗体医薬、発症リスク77%低減。

イギリスの製薬メーカー・アストラゼネカは、新型コロナウイルスの予防・治療薬である抗体医薬「AZD7442」の臨床試験(治験)を進めています。

AZD7442は、新型コロナウイルスに感染した回復期の患者から提供されたB細胞に由来する2種の長時間作用型抗体を組み合わせた薬剤。

感染の予防や症状の進行を抑える可能性が期待されています。

87カ国、5,197人を対象に実施。

この臨床試験では、米国、英国、スペイン、フランス、ベルギーなど87カ国で登録した18歳以上の5,197人を対象に実施。

AZD7442群とプラセボ(治療効果のない偽薬)群に2:1でランダムに割り付け、15カ月間追跡しました。

その結果、AZD7442を服用した人は発症リスクが77%低減され、重症化例はなかったということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AZD7442は日本でも、第Ⅰ相臨床試験などが進行中で、結果が注目されています。

こうした有望な薬が次々と承認されれば、コロナ対策の武器がどんどん増えていくはずです。

■詳しくは、時事メディカル 『新規抗体医薬でコロナ発症リスク77%減(2021年8月24日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>