今朝のLINKED通信〈2021年8月24日号〉

新型コロナ、自宅での酸素吸入は火災に注意。

2021.08.24168 views

今朝のLINKED通信

火災

新型コロナ、自宅での酸素吸入は火災に注意。

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない厳しい状況です。
自宅療養する人が増え、自宅に酸素を吸入するための装置を届ける動きも進んでいます。
そんななかで注意したいポイントをご紹介します。

続きを読む閉じる

酸素濃縮装置の使用中に火災が発生。

新型コロナの自宅療養で使うのは、口や鼻から酸素を吸入するための装置「酸素濃縮装置」です。

酸素は燃焼を助ける性質があるため、装置を使用中に火災が起きるケースが数多く発生しています。

医療機器メーカーなどで作る業界団体「日本産業・医療ガス協会」によると、2003年以降で85人が火災で亡くなっているそうです。

たばこやライターの火にも要注意。

「酸素濃縮装置」は周辺の空気を取り込んで酸素を濃縮して鼻や口から吸うため、顔付近の酸素濃度が高くなり、わずかな火でも燃え広がるおそれがあります。

たとえば、たばこを吸おうとしてライターを顔に近づけて引火したり、台所で調理をしようとして火災になったりするケースが確認されているそうです。

今の季節は大丈夫ですが、ストーブも要注意です。

自分や家族が自宅で酸素を使う場合に備え、「火気厳禁」の注意ポイントをしっかり覚えておきたいものですね。

■詳しくは、NHK NEWS WEB 『わずかな火でも…自宅療養者 酸素吸入装置使用時の火災に注意(2021年8月19日 )』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>