今朝のLINKED通信〈2021年8月23日号〉

新型コロナ、妊婦とパートナーへのワクチン接種のすすめ。

2021.08.23160 views

今朝のLINKED通信

妊婦

新型コロナ、妊婦とパートナーへのワクチン接種のすすめ。

新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中の妊婦が、
入院の受け入れ先が見つからないまま自宅で出産し、
赤ちゃんが死亡したという痛ましい事件が報道されました。
妊娠中のワクチン接種、どのように考えるべきでしょうか。

続きを読む閉じる

学会がワクチン接種を勧める提言を公表。

日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会は、「妊産婦のみなさまへ」という提言で、「妊婦は妊娠の時期を問わずワクチン接種をしてほしい」と呼びかけています。

その背景には、妊娠中、とくに妊娠後期に新型コロナに感染すると重症化しやすいことがあげられています。

また、妊婦がワクチンを接種しても副反応は一般の人と差がないことが報告されているそうです。

妊婦と一緒にパートナーのワクチン接種も。

提言では、妊婦が感染する場合の約8割が、夫やパートナーからの感染だとしています。

その上で、妊婦はもちろん、夫やパートナーの方にもワクチンを接種するよう呼びかけています。

妊娠中のワクチン接種は、胎児への影響が気になるものです。

3つの学会の提言は、そうした妊婦たちの不安を払拭し、ワクチン接種を促す内容になっています。

■詳しくは、日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会 『妊産婦のみなさまへ 新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第 2 報)(2021年8月14日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>