今朝のLINKED通信〈2021年5月20日号〉

変異株は、全国の約9割へ。重症化リスクは1.4倍。

2021.05.20257 views

今朝のLINKED通信

コロナ

変異株は、全国の約9割へ。重症化リスクは1.4倍。

感染力が強い新型コロナウイルスの変異株が猛威をふるっています。
ここまでわかっていることをおさらいしたいと思います。

続きを読む閉じる

全国各地で9割前後、変異株に置き換わった模様。

国立感染症研究所は、5月上旬までのデータをもとに、全国各地で9割前後が変異ウイルスに置き換わっていると推定されると発表しました。

具体的には、大阪府、兵庫県、京都府では、3月から4月にかけて急速に広がり、現在ではほぼすべてが変異ウイルスに変換。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県や北海道、愛知県、福岡県、沖縄県でも4月中旬ごろから急速に置き換わりが進み、およそ9割となったということです。

変異株の重症化リスクは1.4倍。

また、国立感染症研究所は、5月6日までの約3カ月間に国内で報告された20万7000人余りのデータをもとに、感染力が強い「N501Y変異を持つウイルス」の重症化リスクを分析したところ、従来のウイルスなどと比べて1.4倍で、とくに40〜64歳は1.66倍だったとしています。

この結果だけで重症化リスクを正確に評価するのは難しいそうですが、40代、50代の重症化リスクの高さは気になるところです。

さらに今後は、インドで確認された変異ウイルスについても厳重な注意が求められます。

■詳しくは、NHKおうちで学ぼう! 変異ウイルスの特徴・最新情報「変異ウイルス 重症化リスク1.40倍 報告書まとめる 国立感染研(2021年5月13日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>