今朝のLINKED通信〈2021年2月26日号〉

新型コロナワクチン、2回接種の間隔はどれくらい?

2021.02.264,558 views

今朝のLINKED通信

ワクチンの副反応

新型コロナワクチン、2回接種の間隔はどれくらい?

ファイザー社の新型コロナウイルスワクチン(以下、ワクチン)は、2回接種が基本です。
2回接種することで十分な免疫が構築されると考えられています。

続きを読む閉じる

海外では、投与方法の模索も。

海外では、ファイザー社のワクチンは1回の接種でも高い予防効果が得られたという研究結果が発表されています。

また欧州では、より多くの人に早くワクチンを届けるために、1回目の接種を優先し、2回目の接種を先延ばしすることを検討している国もあるようです。

しかし、接種の間隔をあけても、十分な効果が得られるのかどうかはわかっていません。

3週間の間隔をあけて2回接種。

ファイザー社のワクチンは1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に2回受けることが基本となっており、日本でもその投与方法が適用されています。

たとえば、木曜日に1回目の接種を受けた場合、3週間後の火曜日に接種を受けることになり、最も早くて19日後に接種を受けられます。

しかし、それより前には受けることができません。

逆に、1回目の接種から3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受ける必要があります。

また、2回目も1回目と同じワクチン接種を受けることになります。

これから始まるワクチン接種、1回目、2回目の接種の間隔にも注意していきたいですね。

■詳しくは、厚生労働省「新型コロナワクチンについてのQ&A」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週の
ニュース

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>