中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

第7波で新型コロナ肺炎の死者はゼロ(愛知県)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスのオミクロン株は、感染が広がりやすい一方で、重症化はしにくいとされています。
それを裏付けるようなデータが愛知県で明らかになりました。

続きを読む閉じる

第7波では、コロナ肺炎で死ぬ人はいなかった。

新型コロナウイルス感染の第4波や第5波などでは顕著だった「コロナ肺炎」。

しかし、第7波で8月15日までに公表された愛知県内の「コロナ死者」について、「コロナ肺炎」単独のケースは確認されていないことがわかりました。

愛知県では、6月20日以降の第7波死者数は、15日時点で235人。

これらの人々は、高齢だったり、持病がもともとあった人々で、新型コロナ感染後、老衰や持病の悪化などで命を落としたとみられています。

第7波の主流、オミクロン株BA.5は上気道の症状が多い。

従来の新型コロナウイルスと比べて、オミクロン株は鼻水やのどの痛みなどの症状が多く、嗅覚・味覚の異常は少なくなっており、より風邪やインフルエンザの症状に似てきています。

すなわちオミクロン株は、感染しても肺まで到達しにくく、鼻や喉、気管にとどまる場合が多いということができます。

そのため、以前のように急激に重症化する肺炎を恐れる病気ではなくなってきたと言えるのではないでしょうか。

※参考サイト
■中日新聞「『コロナ肺炎』単独の死因はゼロ 愛知県内、第7波で(2022年8月17日)」
■YAHOO!ニュース「新型コロナ オミクロン株亜系統BA.5による症状の特徴は?症状の頻度、症状が続く期間について(2022年7月18日)」

閉じる

Beyongコロナキャンペーンーコロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。ー

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>