中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年6月12日号〉

2020.06.12399 views

今朝のちょっと深読み

マイクロ飛沫(エアロゾル)って何?

厚生労働省は、新型コロナウイルスの主な感染経路として、くしゃみや咳から出る飛沫を吸い込む「飛沫感染」と、ウイルスが付着したものに触れる「接触感染」をあげています。
さらに、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話するなどの一定の環境も、感染を拡大させるリスクがあるとしています。

そこで、注目されるのが、マイクロ飛沫、別名エアロゾルです。

空気中に漂う、細かい飛沫の粒子。

マイクロ飛沫は、空気中に漂う細かい粒子のことですが、その大きさについて明確な定義はありません。
くしゃみや咳をしたとき、口から出る大きな飛沫は水分量が多く、重たいため、1~2m以内の床に落下します。

でも、粒子がもっと細かい飛沫は軽いのですぐに落下せず、よどんだ空気のなかで長い時間にわたり滞留し続けます。
これがマイクロ飛沫です。

マイクロ飛沫による感染を予防するには。

厚労省は感染経路として認めていませんが、空気中に漂うマイクロ飛沫を口から吸い込むことにより、新型コロナウイルスに感染する可能性があるといわれています。

たとえば、混雑した電車、満員の飲食店など、3つの密(密閉・密集・密接)が重なる場所は、マイクロ飛沫による感染リスクが高くなります。そういう場所では、しっかり換気することが必要です。

また、混んでいる場所をどうしても利用しなければいけないときは、なるべく会話をせず、口を開けないようにして、自己防衛したいものです。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 コロナ禍での不妊治療 パート2 NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 コロナ禍での不妊治療 パート1 

■中日新聞LINKED〈発〉 安心して医療を受けるためにオンライン診療を利用しよう!①

■中日新聞LINKED〈発〉 新型コロナウイルスに対する各種支援制度 

■中日新聞LINKED〈発〉 心を生きのびよう③〜ある臨床心理士のつぶやき〜 

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月11日号〉 NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月10日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月9日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月8日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版〈2020年6月8日号〉創刊!(6月8日) 

 

見逃し配信情報

子どもの予防接種や健診

緊急事態宣言が解除されましたが、予防接種や健診を控える方も多いようです。子どもの予防接種や健は予定通りに受けましょう。

詳しくはこちら>>子どもの予防接種や健診は予定通りに受けましょう

 

妊婦さんとその周りの人ができること

詳細がわかっていないウイルスの蔓延の渦中で、妊娠中やその家族の方々は、不安を抱えて過ごしていると思います。
どうしたら妊婦さんが感染しないかを考えてみましょう。

詳しくはこちら>>妊婦さんとその周りの人ができること

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『ソーダブレッドベースの甘煮黒豆入パン、黒豆を小豆代わりにしラカントで甘く炊いた「餡こ」の代わり=だいぶん糖質はセーブされているはず。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

大垣市民病院

急増する変形性膝関節症、
待ち人来る。

 

大垣市民病院の診療領域をさらに充実させる、
〈変形性膝関節症〉の専門医。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア
>