中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年6月10日号〉

2020.06.10363 views

今朝のちょっと深読み

子どもがいる場所では、次亜塩素酸水を噴霧しない。

新型コロナウイルス感染症の予防のために、次亜塩素酸水などの消毒剤などを使っているご家庭も多いでしょう。
でも、その安全性や有効性については、いろいろな説があります。

文部科学省の通達によると…。

文部科学省は、子どもたちがいる空間では次亜塩素酸水の噴霧を行わないよう教育委員会などに通知しました。その文書には、次のように書かれています。

●次亜塩素酸水の噴霧について

次亜塩素酸水の噴霧器の使用については、その有効性及び安全性は明確になっているとは言えず、学校には健康面において様々な配慮を要する児童生徒等がいることから、児童生徒等がいる空間で使用しないでください。

また、学校の物品を消毒する際には、次亜塩素酸ナトリウム消毒液や消毒用エタノールなどで拭くことを求めています。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは?

では、名前のよく似ている次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは、どう違うのでしょう。

●次亜塩素酸水(酸性)

塩酸や食塩水を電気分解して得られる次亜塩素酸の水溶液です。殺菌や除菌の効果があり、噴霧タイプの商品がいろいろ販売されています。

●次亜塩素酸ナトリウム液(アルカリ性)

塩素系殺菌剤のひとつ。家庭で使われるハイター®やカビキラー®などを指します。身近なものの殺菌消毒に使われますが、噴霧するのは有毒です。

有効性・安全性が確認されるまで、次亜塩素酸水の噴霧は慎重に判断した方が良さそうです。

■詳しくは文部科学省「学校における消毒の方法等について」(令和2年6月4日)へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 安心して医療を受けるためにオンライン診療を利用しよう!① NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 新型コロナウイルスに対する各種支援制度 

■中日新聞LINKED〈発〉 心を生きのびよう③〜ある臨床心理士のつぶやき〜 

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月9日号〉 NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月8日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版〈2020年6月8日号〉創刊!(6月8日) 

 

見逃し配信情報

緊急事態宣言解除の後の過ごし方

緊急事態宣言が解除されても、まだまだ元の生活に戻るのは時間がかかりそうです。もう一度、「新しい生活様式」を再確認しましょう。

詳しくはこちら>>緊急事態宣言解除の後の過ごし方

 

地域医療の豆知識

超高齢社会を支える「地域包括ケアシステム」の実現には、私たち自身の意識も大切です。

詳しくはこちら>>地域包括ケアシステム

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『昨日上手く出来たスポンジ種でパンの形に焼いてみた』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

医療会法人 大雄会 総合大雄会病院

看みて、診みて、〈気づく〉。
ICU看護師の挑戦。

 

気づける看護師、考える看護師、
提案する看護師を育てたい。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>