中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

「口内に噴霧」の非mRNA型予防薬、商品化の可能性。

新型コロナウイルスの収束に向けて、治療薬の開発が精力的に進められています。
その新たな一例を紹介します。

続きを読む閉じる

複数の変異株に対して有効な「murak抗体(ムラック抗体)」。

新しい薬は、東京理科大学名誉教授、村上康文氏(東京大学薬学系研究科 薬学専攻修了・薬学博士、株式会社オーダーメードメディカルリサーチ代表取締役)が率いる研究チームとDDサプライ株式会社が共同で開発した「murak抗体(ムラック抗体)」です。

治療注射薬と口の中に噴霧する予防薬。

ウイルスの感染は、スパイクタンパク質(ウイルス側の因子)とACE2タンパク質が結合したときに起きます。

感染を防ぐには、ACE2タンパク質とスパイクタンパク質の二つがターゲットになります。

今回開発されたのは、この二つをターゲットにした薬。

マウス由来の治療注射薬「抗ACE2モノクローナル抗体」と、口腔内などに噴霧して使用する予防薬「抗スパイクタンパク質ニワトリ抗体」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(株)オーダーメードメディカルリサーチによりますと、すでに細胞レベルの実験で高い中和活性を確認しており、今後、国際的臨床試験を開始する予定とのこと。

その行方を注視していきたいものです。

■詳しくは、Forbes JAPAN『すべての新型コロナ変異株に対応?「口内に噴霧」の非mRNA型予防薬、商品化へ(2021年9月10日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>