今朝のLINKED通信〈2021年6月25日号〉

新型コロナワクチン接種は任意です。

2021.06.25649 views

今朝のLINKED通信

ワクチンハラスメント

新型コロナワクチン接種は任意です。

先日、新型コロナウイルスワクチンの接種を終えた人への
割引サービス企画についてご紹介しました。
その反対に今、問題視されているのが、ワクチンハラスメントです。
職域接種が始まり、企業や学校でワクチン接種を
希望しない人への同調圧力が強まっています。

続きを読む閉じる

ワクチンハラスメントとは?

「ワクチンの副反応に不安がある」「持病によりワクチンを接種できない」など、なんらかの理由でワクチン接種を望まないケースがあります。

こうした人に対し、ワクチン接種を強要したり、不利益を与えたりすることは、ワクチンハラスメントになります。

たとえば企業では、ワクチン接種を断ったために、職場の異動や退職を迫られるケースなどが報告されています。

厚生労働省も呼びかけ。「接種は強制ではありません」。

新型コロナワクチンの接種は、国民の義務ではなく、努力義務です。

すなわち、接種を受けることは強制ではありません。

しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

厚生労働省はホームページで、そのように解説し、「職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします」と訴えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワクチンハラスメントをなくすには、企業や学校、そして社会の「ワクチンを受けて当然」という意識を変えることが必要です。

どんなときも、個々の自由意思や事情を尊重していきたいものですね。

■詳しくは、厚生労働省『新型コロナワクチン接種についてのお知らせ』へ

■詳しくは、厚生労働省『新型コロナワクチンQ&A』へ

■詳しくは、NHK『News Up 新型コロナワクチン、打たないと退職!?(2021年5月19日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>