今朝のLINKED通信〈2021年6月17日号〉

国産ワクチンも量産体制づくりへ。

2021.06.17417 views

今朝のLINKED通信

ワクチン

国産ワクチンも量産体制づくりへ。

新型コロナウイルスワクチンというと、米国ファイザー製、
米国モデルナ製、英国アストラゼネカ製と、海外製ばかり。
しかし、国内でもワクチン開発は進められており、
量産化に向かって着実に歩みを進めています。

続きを読む閉じる

塩野義製薬が量産体制を発表。

塩野義製薬が国内で治験中の新型コロナウイルスワクチンについて、年内に最大3000万人分の量産体制を整える方針を明らかにしました。

新工場は5月に着工。

完成すれば、既存の生産設備と合わせて3000万人分のワクチン製造が可能になるそうです。

遺伝子組み換えたんぱくワクチンとは。

塩野義のワクチンは、「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」です。

ファイザーやモデルナ製の「メッセンジャーRNAワクチン」とどう違うのでしょう。

前者は不活化した新型コロナウイルスの一部のタンパクを人体に投与し、それに対して免疫をつくります。

後者はウイルスのタンパク質をつくるもとになる情報の一部を注射し、抗体をつくるものです。

遺伝子組み換えたんぱくワクチンは、すでにインフルエンザワクチンなどで実績があるということで、そういう意味では、全く未知のワクチンというわけではなさそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国産ワクチンが安定供給される日が待ち遠しいものですね。

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>