今朝のLINKED通信〈2021年5月21日号〉

ファイザー製ワクチン、変異株にも有効。

2021.05.21481 views

今朝のLINKED通信

ワクチン

ファイザー製ワクチン、変異株にも有効。

感染力の強い新型コロナウイルスの変異株への対策がいっそう強く求められています。
そんななかで気になるのが、ワクチンが変異株に効くかどうか。
現在、国内では主にファイザー製ワクチンの接種が進められていますが、変異株への有効性は大丈夫でしょうか。

続きを読む閉じる

ワクチン接種者に対する研究成果。

横浜市立大学学術院医学群の⼭中⽵春教授、梁 明秀教授、宮川 敬准教授、同大学附属病院の加藤英明感染制御部⻑らの研究チームは、日本人のファイザー製ワクチン接種者111名(未感染105名、既感染6名)を対象に、ワクチンの有効性について、中和抗体(液性免疫)の保有率という観点から調査しました。

中和抗体とは、新型コロナウイルスなどの病原体や感染性粒子が細胞に対して及ぼす影響を中和して、細胞を防御する抗体のこと。

この有無からワクチンの有効性がわかります。

全体の9割が中和抗体を保有。

対象としたウイルスは、従来株と変異株7種(英国、南アフリカ、ブラジルで初めて確認された株、インド由来の株など)。

未感染者でワクチンを2回接種した人のうち、99%の人が従来株に対して中和抗体を保有していました。

また、 流行中の「N501Y」変異を有する3つのウイルス株(英国、南アフリカ、ブラジルで初めて確認された株)に対しても、90~94%の人が中和抗体を持っていました。

警戒されているインド由来の株に対しても中和抗体陽性率が低下する傾向は見られず、合計8株すべてに中和抗体を保有する人は全体の約9割(89%)だったということです。

これからワクチン接種する人にとって、とても明るいニュースといえますね。

■詳しくは、横浜市立大学プレスリリース「新型コロナ変異株に対するワクチン接種者の約9割が 流行中の変異株に対する中和抗体を保有することが明らかに(2021年5月12日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>