今朝のLINKED通信〈2021年5月19日号〉

緊急事態宣言下でもなかなか進まないテレワーク。

2021.05.19284 views

今朝のLINKED通信

テレワーク

緊急事態宣言下でもなかなか進まないテレワーク。

昨日は、新型コロナ陽性になった人に対するアンケート調査から、通勤や出張での感染リスクが疑われることを紹介しました。
では、通勤を減らすテレワーク制度はどれくらい導入されているのでしょうか。

続きを読む閉じる

2回目の緊急事態宣言の方がテレワークの実施は7.1ポイント減少。

アデコグループジャパンは、企業で働く人事・総務担当者約1496名を対象にこれまでの緊急事態宣言下でのテレワークの実施状況などについてアンケート調査を実施しました。

それによると、1回目の緊急事態宣言期間(2020年4月16日〜5月25日) では、42.3%の企業が全社的にテレワークを実施しましたが、2回目( 2021年1月8日〜2月28日※)では35.2%に減少しました。
※首都圏1都3県は3月17日まで

3回目の緊急事態宣言、テレワークはどこまで進んでいるか。

このアンケート調査で気になるのは、テレワーク制度を導入したものの、今後は「縮小、廃止予定」と回答した担当者が14.9%もいたことです。

そうした企業が少なからずあるとすれば、3回目の緊急事態宣言下でもテレワークはそれほど進んでいないことが予想されます。

現在、緊急事態宣言が発令されているエリアは、9都道府県に拡大されており、国はテレワークなどをさらに促進して人の流れを減少させたいと述べています。

政府の強い呼びかけと、企業のさらなる努力が期待されます。

■詳しくは、PR TIMESアデコグループジャパン プレスリリース「緊急事態宣言下のテレワーク実態調査(2021年4月28日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>