今朝のLINKED通信〈2021年3月31日号〉

新型コロナワクチン、2回目接種後に強い副反応。

2021.03.311,521 views

今朝のLINKED通信

副反応

新型コロナワクチン、2回目接種後に強い副反応。

米国ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は国内の医療従事者への接種に関し、
安全性研究の重点的調査を行い、中間報告をまとめました。
(調査の対象:1回目の接種を受けた人1万9035人、2回目も受けた人3933人)。

続きを読む閉じる

2回目接種後、2人に1人が「頭痛」、3人に1人が「発熱」。

この調査によると、1回目の接種よりも、2回目の接種後により多くの副反応が見られました。

37.5度以上の発熱については、1回目接種後は3.3%だったのに対し、2回目接種後は35.6%でした。

頭痛についても、1回目接種後は21.2%だったのに対し、2回目接種後は49.0%と、約半数になりました。

2回目接種後、約7割の人が「倦怠感」。

倦怠感(だるさ)については、1回目接種後は23.2%だったのに対し、2回目接種後は67.3%に上りました。

米国ファイザー社製のワクチンを受ける際は、大事をとって、接種後の翌日は仕事を休むように計画する必要がありそうです。

また、副反応に備え、頭痛薬や解熱剤なども用意しておくといいでしょう。

■詳しくは、厚生労働省「新型コロナワクチンの投与開始初期の重点的調査(コホート調査)健康観察日誌集計の中間報告(2)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>