今朝のLINKED通信〈2021年3月22日号〉

新型コロナ下で、小児の別の感染症が増加。

2021.03.22536 views

今朝のLINKED通信

ライノウイルス

新型コロナ下で、小児の別の感染症が増加。

新型コロナウイルス感染症の予防対策が徹底されたこともあり、この冬はインフルエンザの流行は影をひそめました。
その代わり、小児の別の感染症の感染リスクが高まっていると、東京大学医科学研究所が発表しました。

続きを読む閉じる

「ライノウイルス」の感染リスクが上昇。

東京大学医科学研究所などの研究グループは、新型コロナウイルス感染症の流行前後における呼吸器感染症ウイルス検出状況を比較しました。

その結果、昨年1月から9月の間、10歳未満の子どもについては、新型コロナウイルスの感染はほとんど見られませんでしたが、ライノウイルスが例年の2倍以上検出されたそうです。

ライノウイルスによる風邪は、春と秋に流行。

ライノウイルスは、鼻やのどの粘膜に炎症を起こす風邪の原因ウイルスです。

インフルエンザは主に冬に流行しますが、ライノウイルスによって引き起こされる風邪は主に春と秋に流行します。

また、肺炎などの合併症を引き起こし、重症化する恐れもあります。

新型コロナの変異株も広がってきたこの頃、子どもたちの風邪症状には十分に用心したいですね。

■詳しくは、東京大学医科学研究所プレスリリース「新型コロナウイルス感染症流行下では 10歳未満の小児のライノウイルス感染リスクが上昇した」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>