今朝のLINKED通信〈2021年3月25日号〉

新型コロナワクチンの筋肉注射って、どんな注射?

2021.03.25215 views

今朝のLINKED通信

ワクチン接種

新型コロナワクチンの筋肉注射って、どんな注射?

連日の報道で、新型コロナワクチンを接種するシーンが映し出されています。
それを見て印象に残るのが、注射針が皮膚の面に対して垂直に刺されるところです。
この刺し方には、どんな意味があるのでしょうか。

続きを読む閉じる

予防接種の主流は「皮下注射」。

インフルエンザなど日本での予防接種は、皮下注射が主流です。

これは、皮膚の下にある、脂肪などでできた皮下組織に薬液を注入するもの。

皮膚に対して注射を傾けて、斜めに浅く針を刺します。

新型コロナワクチンは「筋肉注射」。

ファイザー社の新型コロナワクチンは、皮下組織のさらに奥にある筋肉に薬液を注入するもの。

筋肉までしっかり液を注入するため、皮膚に対して直角に刺します。

注射する場所は、肩峰(けんぽう:肩甲骨の一部が飛び出しているところ)から2~3本横指を下にずらした中央の位置。

刺し入れの深さは体型により13㎜~20㎜が目安だといいます。

また、注射をした後、揉まないようにするのも筋肉注射の特色です。

直角に針を刺す映像を見ると、ちょっと怖い印象もありますが、筋肉注射をした直後の痛みは、皮下注射よりも軽いとか。

過度に恐れず、ワクチン接種を待ちたいですね。

■詳しくは、日本医師会「日本医師会新型コロナワクチン速報【第5号】」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>