今朝のLINKED通信〈2021年2月22日号〉

妊娠中、授乳中だけど新型コロナワクチンどうする?

2021.02.227,440 views

今朝のLINKED通信

妊娠中のワクチン

妊娠中、授乳中だけど新型コロナワクチンどうする?

新型コロナウイルスワクチン(以下、ワクチン) は原則として、妊婦を除く16歳以上の人に接種の「努力義務」があります。
では、妊娠中の人は受けない方がいいのでしょうか。
また、授乳中の人はどうすべきなのでしょうか。

続きを読む閉じる

妊娠中、授乳中でもワクチンは受けられる。

妊婦または、妊娠している可能性のある女性については、海外の実使用経験などから現時点で特段の懸念が認められているわけではありません。

ただし、安全性に関するデータが限られていることから、努力義務の対象から除外されました。

接種のメリットとデメリットをよく検討して、接種を希望する場合は、妊娠中の方も、新型コロナワクチンを受けることができます。

また、授乳中の女性については海外でも接種の対象とされており、接種を受けることができす。

妊娠12週まではワクチン接種を避けた方がいいという見解も。

日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会は、次のような提言を出しています。

少し長くなりますが、一部を引用します。

COVID-19ワクチンは、現時点で妊婦に対する安全性、特に中・⻑期的な副反応、胎児および出生児への安全性は確立していない。

流行拡大の現状を踏まえて、妊婦をワクチン接種対象から除外することはしない。

接種する場合には、⻑期的な副反応は不明で、胎児および出生児への安全性は確立していないことを接種前に十分に説明する。

同意を得た上で接種し、その後30分は院内での経過観察が必要である。

器官形成期(妊娠12週まで)は、ワクチン接種を避ける。

母児管理のできる産婦人科施設等で接種を受け、なるべく接種前と後にエコー検査などで胎児心拍を確認する。

妊娠すると、自分の体だけでなく、胎児の安全性も非常に気になりますね。

まずは事前に、主治医と十分に相談しておくと安心でしょう。

■詳しくは、厚生労働省「新型コロナワクチンについてのQ&A」へ

■詳しくは、日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会 「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ(令和3年 1月27日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週の
ニュース

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>