今朝のLINKED通信〈2020年11月26日号〉

新型コロナ、重症化を防ぐタンパク質の開発。

2020.11.261,708 views

今朝のLINKED通信

新型コロナ、重症化を防ぐタンパク質の開発。

新型コロナウイルス感染症の第3波が猛威を振るっています。
各地の新規陽性者数は連日のように過去最多を更新し、全国的に先の見えない不安が広がっています。
そんななか、一筋の光が差し込むような明るいニュースが飛び込んできました。

続きを読む閉じる

ウイルスの侵入をストップ。

11月18日、京都府立医科大学と大阪大学の研究グループは、新型コロナウイルスがヒトの細胞に侵入するのを防ぐ「特殊なタンパク質」を開発したと発表しました。

新型コロナウイルスは、ヒト細胞のACE2タンパクと結合することで感染します。

共同研究グループは、このタンパク質を作り変えて、ウイルスと結合する力を約100倍強くした特殊なタンパク質を開発。

これを患者に投与することで、特殊なタンパク質が先にウイルスと結合し、ウイルスが細胞に侵入するのを防ぎ、重症化を防ぐことができます。

新型コロナに終止符を打つ可能性。

共同研究グループは、治療薬への応用をめざし、臨床試験に取り組んでいく方針です。

この製剤を、安全にヒトへ投与し普及させることができれば、新型コロナウイルス感染症に終止符を打つことが期待されます。

研究開発の行方に、今後も注目していきたいものです。

■詳しくは、「京都府立医科大学「記者発表:新型コロナウイルス中和タンパク製剤の開発について」(2020年11月18日)」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>