中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

大人も用心。手足口病の流行が続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、夏の感染症としてご紹介した「手足口病」。
9月過ぎても患者報告が警報レベルで増えている地域もあり、油断はできないようです。

続きを読む閉じる

夏の感染症が、秋にも継続。

手足口病は一般的に、5歳以下の乳幼児を中心に夏に流行する感染症です。

通常は7月から8月にかけてピークを迎えて、その後は収束していきますが、今年はいったん減った後に再び増加。

全国各地で患者が増加し、警報が出ている地域もあります。

大人が感染することも。

手足口病は子どもの病気のイメージが強いですが、大人も感染します。

感染すると、口の中の湿疹のほか、全身の倦怠感や悪寒、筋肉痛などがでてくることもあり、注意が必要です。

手足口病の予防方法は?

予防方法の基本は、流水と石けんでの手洗い、うがい、マスク着用。

新型コロナ対策と同じ方法ですが、手足口病のウイルスはコロナウイルスとは性質が違うため、アルコール消毒は効きません。

また、手足口病は症状がなくなった後も長い期間、便などからウイルスが排せつされることがあるため、治ってからも手洗いなどを徹底することが大切です。

※参考サイト
■YAHOO!ニュース「【解説】大人も注意…手足口病 感染『ガラスが刺さったみたい』『地獄』9月入っても“警報級”流行(2022年9月16日)

閉じる

Beyongコロナキャンペーンーコロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。ー

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>