中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

新型コロナ第7波の夏、あなたはどう過ごしますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症が第7波の流行を迎えています。
政府は行動制限をしない方針ということですが、この夏休みの過ごし方は悩ましいところですね。

続きを読む閉じる

「帰省する予定」の人は約4割。

(株)くふうカンパニーグループによる「2022年 夏の過ごし方」に関するアンケートの結果をみてみましょう。

コロナ禍3年目となる今年の夏の帰省についてたずねたところ、「帰省する予定」との回答は36.3%で約4割に留まりました。

昨年の帰省状況から大きな変化はなく、引き続き帰省を控える傾向がうかがえます。

夏休みの外出で気になることは?

夏休みの外出を考える上で気になっていることについてたずねたところ、「新型コロナの感染拡大状況」との回答が74.5%で、圧倒的に多い結果となりました。

次いで、「熱中症対策」が36.3%、「観光地などの混雑状況」が35.3%となりました。

今年の夏は「自宅周辺や家で過ごす」。

また、神奈川新聞によるアンケート結果によると、今夏の主な過ごし方は(複数回答可)は以下の通りになりました。

1位:自宅周辺で過ごす(247人)
2位:家で過ごす(230人)
3位:国内旅行する(89人)
4位:帰省する(50人)
5位:海水浴やプールに行く(32人)

こうしてアンケート結果を見てみると、やはり第7波の感染拡大を警戒している人が多いようですね。

さて、今年の夏休み、あなたはどんなふうに過ごしますか。

※参考サイト
■PR TIMES株式会社くふうカンパニー「コロナ禍3年目の夏休み「帰省する」人は約4割、第7波が急拡大する中、おでかけの検討にあたり「感染拡大」を懸念する人が7割超(2022年7月29日)」

■カナロコ神奈川新聞「『自宅周辺』『旅行へ』コロナ第7波の夏、どう過ごす?」(2022年7月23日)」

閉じる

Beyongコロナキャンペーンーコロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。ー

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>