中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

マスク生活で「隠れ酸欠」、改善する方法は?

長引くマスク生活で、知らない間に呼吸が浅くなり、
酸素が不足しがちになっていませんか。
心身にさまざまな悪影響を及ぼす「隠れ酸欠」、
意識して改善したいものですね。

続きを読む閉じる

浅い呼吸が心身の不調の原因に。

肺は、肋間筋や横隔膜などの多くの筋肉(呼吸筋)が連動して収縮しています。

呼吸が浅くなると、それらの筋肉の動きが低下し、血行が悪くなります。

その結果、頭のぼやけ、首・肩・背中・腰のこりや痛み、免疫力の低下、便秘など、さまざまな不調が現れるといいます。

浅い呼吸を改善する方法とは?

著書『大きく息をするだけで健康になる――たった1分で改善!』(小池義孝/自由国民社)によると、ちょっとした意識修正があれば、呼吸を深くすることができるといいます。その方法の一部を紹介します。

●舌の位置を上げる。
マスクをしていると息苦しいため、口呼吸になりがちで、それが呼吸を浅くする原因にもつながります。

口呼吸を改善するには、舌の位置を上げること。

口の底ではなく、口の天井になんとなく触れる位置に舌を上げ、毎日数分間、鼻呼吸をします。

これを繰り返すと、舌を上げておく筋肉が鍛えられ、「この位置に舌があると呼吸が楽だ」と脳が認識し、普段の呼吸に反映されるといいます。

●ねこ背を直して、姿勢を正す。
呼吸を浅くする原因の一つが、ねこ背の姿勢。

それを改善するのが、大腰筋ウォーキングです。大腰筋は上半身と下半身とを連絡する、

唯一の大きな筋肉。大腰筋の付け根である、みぞおちのあたりから足を前に出すよう意識して歩くのがポイントだそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
手っ取り早く「隠れ酸欠」を防ぐには、時々マスクを外して深呼吸するのが一番ですね。

「最近、どうも調子悪い」という方は、呼吸方法の改善にトライしてみませんか。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>