中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

ワクチン4回目、欧州医薬品庁は「早急な実施は不要」という判断。

全国的に新型コロナワクチンの3回目の接種が進められています。
その先に、4回目の接種に向けた準備も始まりました。
ヨーロッパの動向を見てみましょう。

続きを読む閉じる

60歳未満の人には4回目は時期尚早。

EUの欧州医薬品庁(EMA)は欧州疾病予防管理センター(ECDC)と共同で、新型コロナワクチンの2回目のブースター接種(4回目接種)に関する声明を発表しました。

それによると、これまでのワクチン接種により得られた重症化や死亡するリスクへの予防効果が減退している、あるいは4回目接種に付加価値があるとの証拠はないとして、免疫機能が正常な60歳未満の年齢層に対する4回目接種は現時点では時期尚早との見解を示しました。

60〜80歳の人も、4回目の早急な実施は不要。

免疫反応が正常な60~80歳の年齢層に関しても、現状では重症化や死亡に至る確率は低く、こうしたリスクに対するワクチンの予防効果の実質的な減退を示す兆候はないことから、現時点では4回目接種の早急な実施は不要としました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の見解は、主にイスラエルのデータを検証したものだそうです。

日本での4回目接種に対する議論にも、少なからず影響を与えるかもしれません。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>