中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

コロナ禍でがん検診を後回しにしていませんか。

長引く新型コロナウイルス感染症の影響で、がん検診を控えている人が数多くいるようです。
公益財団法人日本対がん協会のアンケート調査の結果を見てみましょう。

続きを読む閉じる

5つのがん検診の受診者が「コロナ前」に戻らず。

日本対がん協会は、2021年に実施した5つのがん検診(肺、胃、大腸、乳、子宮頸)の受診者数についてアンケート調査を実施。

それによると、国内で感染拡大が始まった2020年の受診者数と比べて23.5%増と回復。

しかし、コロナ流行前の2019年を10.3%下回っており、コロナ禍の影響が続いていることがわかりました。

<5つのがん検診(肺、胃、大腸、乳、子宮頸)の受診者数について>
2019年と2021年の受診者数の比較
●胃がん検診…13.2%減

●肺がん検診…11%減

●乳がん検診…9.9%減

●大腸がん検診…9.0%減

●子宮頸がん検診…8.0%減

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
受診控えでがんの発見が遅れれば、手遅れになってしまうことも危惧されます。

しっかりがん検診を受けるようにしたいですね。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>