中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

「マスク肌荒れ」はなぜ起きる?

春は紫外線が強くなり、肌がダメージを受けやすいシーズン。
しかも、今春もマスクをつける生活が続きますから、肌荒れが気になりますね。
では、そもそも「マスク肌荒れ」は、どうして起きるのでしょう。

続きを読む閉じる

マスクの内側はムレやすい。

マスクの内側は高温多湿で、雑菌が繁殖しやすい状態です。

汗や皮脂も増えることから、ニキビ・吹き出物ができやすくなります。

マスクの下でアクネ菌が増殖し、できたニキビのことを「マスク」と「アクネ」を組み合わせた造語で「マスクネ」などの名前で呼ぶこともあるそうです。

マスクをつけている肌は乾燥しやすい。

マスクをつけている肌は、乾燥リスクにさらされています。

その理由は、マスクの内側の水分が蒸発するときに、肌の表面にある角質層に含まれている水分まで一緒に奪い取ってしまうから。

また、マスクを外すと、内部の湿気が急激に蒸散します。

このとき肌内部の水分も奪われ、肌の乾燥が進むと考えられています。

マスクをつけていると、摩擦が起こりやすい。

マスクのずれを直したり、マスクをしながら話したりすると、マスクと肌の間に摩擦が起こります。

すると角層表面が削られて、肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激でも赤みやかぶれ、ニキビを起こしやすくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「マスク肌荒れ」を防ぐには、刺激の少ない基礎化粧品で丁寧なスキンケアを心がけることが大切。

マスクが頻繁に触れる部分に、肌を保護するワセリンを塗っておくのもおすすめです。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>