中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

特例承認された米国メルクの飲み薬の販売名は「ラゲブリオカプセル」。

昨年末、新型コロナウイルス感染症の重症化を防止する米国メルクの経口薬「モルヌピラビル」が日本でも特例承認されました。
今までモルヌピラビルと報道されてきましたが、販売名は「ラゲブリオカプセル200mg」というそうです。

続きを読む閉じる

18歳以上の重症化リスクの高い人が対象。

これまで新型コロナに感染し、重症化リスクの高い人には点滴剤が投与されていましたが、いよいよ飲み薬の服用が始まります。

本剤の使用方法に関しては、「コロナ感染症の症状が発現してから速やか(症状発現から5日程度までを目安)に、18歳以上の患者に対して1回800mgを1日2回・5日間経口投与すること」としています。

なお、発症から6日目以降に投与開始した患者への有効性に関するデータはありません。

主な副作用は胃腸障害や神経系障害など。

副作用についても公表されています。

●胃腸障害:「下痢・悪心」が1%以上5%未満の患者に、「嘔吐」が1%未満の患者に発生しています。
●神経系障害:「浮動性めまい、頭痛」が1%以上5%未満の患者に発生しています。
●皮膚・皮下組織障害:「発疹、蕁麻疹」が1%未満の患者に、「中毒性皮疹」が頻度不明で生じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうした副作用にも十分な注意が必要だと思われますが、この飲み薬が今後、有効に働き、医療現場の逼迫防止につながることを期待したいですね。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>