中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

2022年、新型コロナワクチン追加接種の行方は?

新しい年、仕事始めを迎えた方も多いのではないでしょうか。
新春の関心事の一つは、やはり新型コロナワクチンの追加接種についてですね。
年の初めに、あらためて厚生労働省の方針を確認しておきましょう。

続きを読む閉じる

3回目の追加接種は間隔を短縮。

3回目の追加接種については、2021年12月1日からスタート。

2回目の接種完了から原則8カ月以上経過した人から、順次、接種を受けられます。

とくに、医療従事者等や重症化リスクの高い高齢者施設入所者などは、接種間隔を6カ月に短縮。

その他の高齢者は、2022年2月以降、接種間隔を7カ月に短縮する方針です。

3回目接種はどのワクチンを使用?

追加接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類に関わらず、mRNAワクチン(ファイザー社のワクチン又は武田/モデルナ社のワクチン)が用いられます。

初回接種と追加接種で異なるワクチンの使用(交互接種)も可能です。

なお、ファイザー社は1・2回目の接種量と同量ですが、武田/モデルナ社は半量が接種されます。

3回目接種の副反応は2回目より重い?

海外の臨床試験の結果では、ファイザー社のワクチン及び武田/モデルナ社のワクチンいずれの場合も、2回目の接種後と比較して有害事象の発現傾向はほぼ同じです。

ただし、海外では「リンパ節の腫れ」、国内では「腋窩痛(わきの下の痛み)」が多く見られる傾向があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インターネットで、ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探す場合は、接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」が便利です。

一度、チェックしてみてくださいね。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>