中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

どうしてオミクロン感染者に重症者が少ないの?

海外の研究で、「オミクロン株は重症化リスクが低い」という報告が多数上がっています。
なぜ、オミクロン株は弱体化したのでしょうか。
その理由に迫った研究報告があります。

続きを読む閉じる

「T細胞」が重症化を防いでいる可能性。

オランダと南アフリカ共和国でそれぞれ行われた研究によると、体内の抗体レベルが低下している場合でも、T細胞が新型コロナウイルスのオミクロン変異株感染の重症化を防いでいる可能性があるとのことです。

T細胞は免疫系の細胞の一種。

抗体が感染をブロックするのに対し、T細胞は感染した細胞を破壊してウイルスの広がりと重症化をガード。

その後のダメージを最小限に抑えます。

ワクチンの接種によりT細胞が増強。

オランダの調査対象は、ワクチン接種済みのヘルスケア従事者60人。

南アフリカ共和国の調査対象は、新型コロナ感染から回復した人とワクチンを接種した人。

これらの人々を調べた結果、「ワクチン接種によってオミクロン株に対する防御に十分なT細胞の増強が見られた」ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新型コロナの感染予防というと、抗体が注目されがちですが、私たちの体に備わっているT細胞もまた、大いに頼りになりそうです。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>