中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

新型コロナ後遺症、認知機能障害は長く残る。

頭にモヤがかかったように、ぼんやりして思考力が低下する「ブレインフォグ」は、新型コロナ後遺症として知られています。
それに関わる研究が、米国で発表されました。

続きを読む閉じる

新型コロナにかかり7.6カ月経過した人を調査。

この論文は、米国医師会雑誌(JAMA)のオープン・アクセス・ジャーナル「JAMA ネットワーク・オープン」(2021年10月22日)に発表されたものです。

新型コロナウイルス感染症の陽性と診断されてから平均7.6カ月を経た740人を対象に、一連の認知機能検査を実施したところ、多くの患者に認知機能の低下が見られることがわかりました。

<認知機能検査の結果の一例>
●記憶を整理することが困難(24%)
●記憶を想起することが困難(23%)
●思考を処理するスピードが低下(18%)

重症だった人の方が認知機能が低下する。

さらに、この研究では、外来で治療を受けた患者に比べて、入院したり、救急治療を受けたりした患者のほうが、認知機能が低下している傾向が強かったこともわかりました。

ブレインフォグやその延長線上にある症状は、感染してから何カ月にもわたって患者を苦しめることになります。

さらに、症状は全身におよび、神経系やメンタルヘルスに支障をきたすことがあるといいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新型コロナ後遺症で、脳や思考に不安を感じるようでしたら、早めにかかりつけ医やコロナ後遺症外来を受診するようにしましょう。

■詳しくは、Forbes『コロナ後遺症、認知機能障害が長く残ることが明らかに(2021年10月30日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>