中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

コロナ急減の原因を探る(3)結局、ウイルスの自然の周期が原因か?

新型コロナウイルスの感染の急減の要因を考えるシリーズ、
今回は三つ目の仮説を見ていきたいと思います。

続きを読む閉じる

ウイルスの流行は人間の行動と関係ない。

3つ目の仮説は、ウイルスの自然の周期です。

ウイルスの流行・変異には自然の周期があり、人間の行動とは関係なく増えたり減ったりするといいます。

確かに第5波を振り返ると、7月第1週から感染が増え始め、8月にピーク、9月は日に日に減少していきました。

感染の増減は120日周期で増えたり、減ったりしています。

アメリカでも自然の周期が見られる。

アメリカでも、夏に猛威を振るった新型コロナウイルスの感染が急減しました。

米紙は感染の増減が2カ月周期で繰り返されるとして、何が理由なのか、疑問が深まっているといいます。

疾病対策センター(CDC)によると、全米の1日当たりの感染者数(7日間平均)は7月に入り再拡大しましたが、9月1日の約16万人をピークに減り始め、10月22日には約7万人と半減しました。

この周期、日本の第5波と似ているように思いませんか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コロナ感染が自然の周期で増減するとすれば、これから再び、波ができることも十分に考えられます。

これまで通り感染予防に努め、用心して暮らしていくことが必要ですね。

■詳しくは、東洋経済オンライン『ワクチンじゃない?謎のコロナ急減解く3つの鍵(2021年10月26 日)』へ

■詳しくは、YAHOO!ニュース『コロナ増減に2カ月周期説 米紙 要因は謎のまま(2021年10月25日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>