中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
病院の〈知識〉を生活者の〈知恵〉へ
岐阜県総合医療センター

身体に負担の少ないカテーテルで治せる心臓弁膜症「僧帽弁閉鎖不全症」。

コロナ禍でも気をつけるべき病気について:心臓弁膜症

2021年10月29日|673 VIEW

心臓弁膜症は自然治癒することはありません。症状の出始めを見逃さずに、医師に相談し、正しい診断を受けることが大切です。近年は体に負担の少ないカテーテル治療が確立されており、高齢の方も安心して治療を受けることができます。

→高齢者にも安心な身体に負担の少ないカテーテル治療をご紹介します。 【WEBセミナー「シニア・高齢者は要注意! 心臓弁膜症」】

心雑音があれば、心臓弁膜症の疑い。

心臓弁膜症の診断は、問診や聴診から。
とくに心臓の音を聞いて、心雑音があれば、心臓弁膜症の疑いがあります。
心雑音が見つかったら、循環器内科のある病院で、心エコーの検査を受けます。
これは、超音波を利用した心臓の画像検査で、どの弁にどんな異常が起きているかを詳しく調べることができます。

岐阜総合医療センターでは、専門外来「弁膜症外来」を開設し、心エコー検査などをもとに正しく診断し、適切な治療方法を提案しています。

 

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>