中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine
岐阜県総合医療センター

シニア・高齢者に多い心臓弁膜症。

コロナ禍でも気をつけるべき病気について:心臓弁膜症

2021年10月28日|130 VIEW

階段を上ったり、運動したりするときに、動悸や息切れを感じることはありませんか。もしかして、それは「年のせい」ではなく、心臓弁膜症のサインかもしれません。

→高齢者にも安心な身体に負担の少ないカテーテル治療をご紹介します。 【WEBセミナー「シニア・高齢者は要注意! 心臓弁膜症」】

心臓の弁の仕組み。

心臓の中には4つの部屋があり、体中に血液を循環させています。
全身に酸素を届けた後の血液は「右心房」から「右心室」へ戻り、肺動脈から肺に送られます。
肺で酸素を受け取った血液は「左心房」から「左心室」へ送られ、大動脈を通って全身に送られます。

この血液の流れを一方向に維持するために、右心室と左心室の入り口と出口にはそれぞれ「弁」があります。
右心室の入り口の弁が「三尖弁」、右心室の出口の弁が「肺動脈弁」です。そして、左心室の入り口にあるのが「僧帽弁」、左心室の出口にあるのが「大動脈弁」です。

これらの弁が心臓の収縮と拡張に合わせて交互に開閉することで、血液は逆流することなく流れているのです。

 

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>