今朝のLINKED通信〈2021年7月1日号〉

イベルメクチンをベースにした新薬の開発スタート。

2021.07.01329 views

今朝のLINKED通信

薬

イベルメクチンをベースにした新薬の開発スタート。

昨日、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ効果が期待されている
「イベルメクチン」の現状について報告しました。
さらに一歩進んで、新しい治療薬の開発が動き出しているようです。

続きを読む閉じる

北里大学とMeiji Seika ファルマの共同研究。

北里大学とMeiji Seika ファルマは、抗寄生虫薬「イベルメクチン」誘導体を利用した新型コロナウイルス感染症治療薬開発プロジェクトを立ち上げました。

オンライン会見によりますと、北里大学大村智記念研究所長の砂塚敏明氏は、「イベルメクチンよりも10倍以上の抗ウイルス活性をめざす」として、幅広く使える経口剤としての開発を狙うそうです。

共同研究期間は8年。

同プロジェクトでは、感染症薬で豊富な経験を持つMeijiが研究員を派遣し、同大で合成してきたイベルメクチン誘導体の知見を生かしつつ、新薬を開発していきます。

イベルメクチンを発見、開発に貢献した同大の大村智特別栄誉教授も、「イベルメクチンに磨きをかけ、さらに良いものをつくってほしい」と期待を寄せているということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

薬の開発には時間を要するものですが、できる限り早く、新型コロナの特効薬が開発されることを願うばかりです。

■詳しくは、化学工業日報『イベルメクチンの10倍超活性めざす コロナ薬開発で北里大-Meiji ファルマ会見(2021年6月16日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>