今朝のLINKED通信〈2021年6月1日号〉

酒の出荷量とコロナ感染の関係?

2021.06.01499 views

今朝のLINKED通信

ビール

酒の出荷量とコロナ感染の関係?

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、全国9都道府県に発令されていた緊急事態宣言が、
6月20日まで延長されました(沖縄県はもともと20日が期限)。
この延長で、どこまでウイルスを封じ込めることができるのでしょうか。
専門家の意見を聞いてみましょう。

続きを読む閉じる

専門家が第5波の到来を予測。

大阪府の専門家会議座長を務める朝野和典(大阪健康安全基盤研究所理事長)は、人々の行動様式から「夏に第5波が到来する」と想定しています。

その理由の第一は、変異株の脅威。

英国株より50%も感染力が強いとされるインド株が国内で確認され、朝野氏は警戒が必要だとしています。

酒の出荷が増えると感染も拡大する!?

第二の理由は、季節の変化。

朝野氏は、「昨年からの感染者の増減は、酒の出荷量の増減とほぼ一致。

冬は忘年会など、春は花見や転勤、入社で飲む機会が多い。

とすれば、次はビールの消費が増える梅雨明けごろに波が来る可能性が高い」と話しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もし6月20日で緊急事態宣言が解除されたら、開放感であちこちに出歩きたくなりそうです。

でも、大人数でお酒を楽しむ宴会などは、従来通りできるだけ避ける方が得策のようです。

■詳しくは、YAHOO!ニュース「夏に第5波…大阪府専門家会議座長・朝野和典氏が危惧ビール消費量増えるとコロナ感染も増える(2021年5月27日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>