今朝のLINKED通信〈2021年5月27日号〉

コロナ禍で農業で働きたい人10倍に。

2021.05.27182 views

今朝のLINKED通信

農業

コロナ禍で農業で働きたい人10倍に。

新型コロナウイルス感染症の長期化は、働く人の意識にも大きな影響を与えているようです。
大手人材情報会社・(株)マイナビのデータから興味深い傾向が見えてきました。

続きを読む閉じる

農業で働きたいと希望する人が急増。

(株)マイナビは、一昨年から農業分野の求人アプリを開設。登録者に農家や農業法人などでの仕事を紹介しています。

このアプリに、「農業で働きたい」と希望し、登録した人は今年1月末の時点で1万2759人。

前年の同じ時期に比べて、およそ10倍に上昇したということです。

20代、30代の希望者が5割強。

登録者の年代別では、30代が最も多く28%、そして、20代(25%)、40代(23%)、50代(18%)、60代(2%)と続きます。

20代と30代を合わせると5割強を占めていることになります。

また、登録者のなかには副業としての農業を希望する人も多く、都市部に住む人も目立つそうです。

農業希望者の急増の背景には、新型コロナの影響で、収入が減少したり、リモートワークで働く場所にこだわらず仕事ができるようになったことがあると考えられています。

日本の農業は高齢化が進み、担い手不足が大きな問題になっています。

こうした動きが、農業復興の追い風になることを期待したいですね。

■詳しくは、NHKおうちで学ぼう!「農業で働きたい人が急増 コロナで収入減や働き方の変化背景に( 2021年4月12日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>