今朝のLINKED通信〈2021年4月8日号〉

新型コロナの発生起源、4つの仮説。

2021.04.08246 views

今朝のLINKED通信

コロナ

新型コロナの発生起源、4つの仮説。

新型コロナウイルスの発生起源について、WHO(世界保健機関)は
中国湖北省武漢市で調査を行い、4つの仮説を検証し、報告しました。

続きを読む閉じる

仮説① 中間宿主動物の媒介説

新型コロナウイルスが最初の宿主動物(コウモリの可能性が高い)から別の中間宿主動物に広がり、その後にヒトに感染したとする仮説。

専門家らは「可能性が高い、または非常に高い経路」とみています。

仮説② 直接感染説

新型コロナウイルスが最初の宿主動物(コウモリの可能性が高い)から人間に直接感染したとする仮説。

専門家らは「可能性がある、または高い」とみています。

仮説③ 輸入冷凍食品で感染説

冷凍食品の製品やその包装が新型コロナウイルスの導入と感染の経路となった可能性があるとする仮説。

専門家らは「可能性がある」とみています。

仮説④ 研究所からの流出説

新型コロナウイルスが研究所での事故によってもたらされたとみる仮説。

専門家らは「極めて可能性は低い」としています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4つの仮説について検証された報告書ですが、日米など14カ国の政府は共同声明を発表し、報告の透明性について共通の懸念を示しています。

また、WHOのテドロス事務局長も、研究所から流出した可能性を十分に分析していないと指摘。

追加調査を示唆しているそうです。

ウイルスの起源の調査は、今後の感染症対策においても非常に重要です。

納得できる結論が得られるまで調査してほしいものです。

■詳しくは、AFP BB News「新型コロナ起源めぐる4仮説 可能性が最も高いのは? WHO最終報告書(2021年3月30日)」へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>