中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年5月15日号〉

2020.05.1515 views

今朝のちょっと深読み

免疫の暴走で、重症化。

新型コロナウイルス感染症の怖いところは、突然、容体が急変し、重篤な状態に陥り、最悪の場合、多臓器不全により命が奪われてしまうことです。
その重症化を引き起こすのは、「免疫系の過剰な生体防御反応であるサイトカインストームが原因」であるという論文を、国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構(以下、量研)などの研究グループが発表しています。

免疫系が正常な細胞まで攻撃してしまう。

サイトカインストームとは、本来、生体を防御するための免疫系が正常な細胞や組織に対してまで攻撃してしまうこと。量研のプレスリリースによると、「免疫関連タンパク質であるインターロイキン6(IL-6)の増幅回路が活性化され、炎症性サイトカインの産生が異常に増加して起こる」といいます。

免疫の暴走を抑える薬に期待。

その免疫暴走の抑制に有効といわれるのが、関節リウマチ治療薬として承認されている「アクテムラ」です。これは、中外製薬(株)が開発した抗体医薬品。インターロイキン6の働きを抑える作用があり、重症の新型コロナウイルス感染症に対する治験が今、世界で、そして、国内でも行われています。
アクテムラが使えるようになれば、新型コロナウイルス感染症に対する武器がまた一つ、加わることになります。

■論文については、量子科学技術研究開発機構のプレスリリース(2020年4月15日更新)へ。

見逃し配信情報

日本福祉大学が開発した、認知症の啓発を目的とした「にっぷく にこにこカルタ」の無料プレゼントキャンペーンを実施中!

■詳しくはこちら>>「にっぷく にこにこカルタ」無料プレゼントキャンペーンへ⇒終了致しました。たくさんのご応募をありがとうございました。

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『新しいカメラやってきて、はや1ヶ月。このカメラと魚眼レンズを使ったパノラマ展開で苦労していたが、新しいアプリを使ってみたら意外と簡単にできた。しかも超広い範囲!を暗いところを自動で明るくする機能までついている。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 第2回 コロナ禍の最中でも受診すべき、ほかの病気。(5月15日)   NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 コロナ禍での子どもとの過ごし方(5月14日)

■中日新聞LINKED〈発〉 妊婦さんとその周りの人ができること(5月13日)

■中日新聞LINKED〈発〉 心を生きのびよう―ある臨床心理士のつぶやきー(5月13日)

■中日新聞LINKED〈発〉 濃厚接触者について理解を深め、安心して行動しよう(5月12日)

■中日新聞LINKED〈発〉 第1回 コロナ禍の最中でも受診すべき、ほかの病気。(5月11日)

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■みよし市民病院〈発〉 【動画付】介護予防に、みよし市オリジナル「サンQ体操」(5月15日) NEW!

■みよし市民病院〈発〉 【動画付】介護予防に、皆で踊ろう、みよし市オリジナル「いいじゃん体操」(5月14日)

■日本看護協会〈発〉 「#NursingNow_いま私にできること 」キャンペーンを実施(5月11日)

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

江南厚生病院

最善のがん医療を、
地域で完結する。

 

愛知県がん診療拠点病院。
放射線治療体制を強化し、地域のがん診療を支える。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>