日本看護協会〈発〉

「#NursingNow_いま私にできること 」キャンペーンを実施

看護職へエールを送ろう

2020.05.115 views

感染を防ぐ行動が看護へのエールに

公益社団法人日本看護協会( 会長: 福井トシ子 、会員 7 6 万人 )では 、2020年4 月 2 4 日 から、 新型コロナウイルス感染症に対応する看護職を支え、日本の医療を守るため、 ハッシュタグ(#)キャンペーンを実施しています。

新型コロナウイルス感染症の拡大・まん延の長期化により日本医療崩壊の懸念とともに、 現場の医療従事者の疲弊が高まっています。こうした状況を打開するためには、① 国民一人一人が「 自身が感染しない 」という意識を高めること ②最前線で働く看護職へのエールが必要です。

医療・介護現場で日々、ケアを提供する看護職にとっての最大のエールは「皆さんが感染しないこと」です。「#いま私にできること」キャンペーンでは、皆さん一人一人の「いまできること」と「#いま私にできること」を含むツイート(Twitter上での投稿)を行っていただくものです 。皆さんの声が現場の看護職の力になります。看護職に伝えたいメッセージなども投稿してください。日本看護協会のホームページでは特設ページを公開し、キャンペーンの詳細やツイートの際にご利用いただけるファイルをご用意しています。

社会全体が不安と閉塞感に包まれる中、国民の皆さんの声を集めることで、ウイルスに立ち向かう看護職の力とし、医療を守っていきたいと考えています。ぜひキャンペーンにご参加ください。

日本看護協会ビルのライトアップ

感謝の気持ちを灯す

新型コロナウイルス感染症患者の治療に尽力する看護職、医療関係者に感謝を示し、応援するため、4月22日から日本看護協会ビル(東京都渋谷区のクリスタルコーンを青色にライトアップしています。

※本記事は、日本看護協会のニュースリリース利用の許諾を得た上で、中日新聞LINKEDが掲載させて頂いております。

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>