今朝のLINKED通信〈2020年11月5日号〉

冬のコロナ対策、適度な加湿のコントロールを。

2020.11.053,064 views

今朝のLINKED通信

冬のコロナ対策、適度な加湿のコントロールを。

昨日ご紹介した通り、空気が乾燥する冬は、新型コロナウイルスが浮遊しやすくなり、感染リスクが高まります。それを防ぐには、適度な加湿が必要です。

続きを読む閉じる

空気が乾燥すると鼻や喉の粘膜も乾燥。

空気が乾燥すると、ウイルスの拡散だけでなく、体にも影響があります。

鼻や喉、気管の粘膜が乾燥することで、粘膜のバリアが低下し、外部からウイルスなどが侵入しやすくなってしまうのです。

このことは、新型コロナのほか、風邪やインフルエンザにも通じます。

適度な湿度はズバリ40%〜60%。

新型コロナの飛沫拡散を防ぎ、鼻や喉の粘膜を守るためにも、この冬はしっかり室内の加湿対策に取り組みたいものです。では、適度な湿度とはどのくらいでしょう。

家電メーカーの研究によると、適度な湿度は40%以上60%未満。40%以下になると乾燥しすぎで、ウイルスが活発になる危険ゾーンに。一方、湿度が60%以上では、カビやダニが発生しやすい危険ゾーンになるそうです。

加湿器があれば、快適な湿度をコントロールできますが、それだけに頼ると室内の空気が汚れてしまいます。こまめに換気をして、常にフレッシュな空気を取り入れることも、新型コロナ予防には大切なポイントです。

■詳しくは、「Panasonic「意外と知らない快適な湿度の話」」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>