今朝のLINKED通信〈2020年10月21日号〉

新型コロナウイルス、皮膚表面でどれくらい生存するの?

2020.10.212,131 views

今朝のLINKED通信

新型コロナウイルス、皮膚表面でどれくらい生存するの?

新型コロナウイルスの生存期間については、空気中や物質表面上について研究が行われ、明らかになってきました。では、皮膚表面でどれくらい生存するのでしょう。その研究結果が発表されました。

続きを読む閉じる

新型コロナウイルスは皮膚表面に、9時間生存。

発表したのは、京都府立医科大学の研究チーム。法医解剖献体から採取した皮膚上におけるウイルスの安定性を検証したところ、新型コロナウイルスは皮膚表面上で9時間程度生存することがわかったそうです。

これは、1.8時間程度で不活化されるインフルエンザウイルスの約5倍にも相当します。

また、皮膚表面上の新型コロナウイルスは、80%エタノールによる15秒間の消毒にて完全に不活化されたということです。

インフルエンザよりも接触感染に要注意。

この結果から見えてくることは、新型コロナウイルスはインフルエンザよりも接触感染に注意が必要ということですね。

ウイルスがついた手で目や口、鼻を触れば、大いに感染する可能性があります。今後も油断することなく、手洗い、手指消毒を徹底していきましょう。

〈新型コロナウイルスの生存期間まとめ〉
●空気中………3時間
●銅の表面……4時間
●皮膚の表面…9時間
●ボール紙の表面…24時間
●ステンレスやプラスチックの表面…2〜3日
(※皮膚以外のデータは米国立アレルギー感染症研究所より)

■詳しくは、「京都府立医科大学「論文掲載 ヒトの皮膚上に存在する新型コロナウイルスの生存期間を解明」」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>