今朝のLINKED通信〈2020年10月13日号〉

新型コロナ、PCR検査の正確さは約90%。

2020.10.131,392 views

今朝のLINKED通信

新型コロナ、PCR検査の正確さは約90%。

新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査の感度(コロナ感染者のうち検査で陽性を出す割合)は、これまで70%くらいと言われてきました。感度がそれほど高くないので、偽陽性、偽陰性も出やすいという評価だったのです。そんな通説を覆す研究結果が発表されました。

続きを読む閉じる

過去最大規模の検査で、PCR検査の信頼性を証明。

北海道大学大学院医学研究院の豊嶋崇徳教授らの研究グループは、国際便での空港検疫と保健所での濃厚接触者、合計 1924 名の無症状者から唾液と鼻咽頭ぬぐい液を採取し、PCR検査を実施しました。

これは、過去世界最大の症例に対する検査だそうです。

その結果、唾液による検査の感度は83-97%、鼻咽頭ぬぐい液による検査の感度は77-93%、特異度(コロナに感染していない人の検体を正しく陰性と出す割合)は両者とも99.9%以上でした。

唾液PCR検査のさらなる拡充を。

正確さが改めて評価されたPCR検査。とくに安全で簡便な唾液PCR検査がより良い結果を出したことは、私たちにとって朗報です。

新型コロナの流行を防ぐには、濃厚接触者など無症状者から感染者を発見し、感染の広がりをブロックすることが重要です。

唾液PCR検査がさらに普及することを願いたいですね。

■詳しくは、「北海道大学病院プレスリリース(2020年9月28日)」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>