今朝のLINKED通信〈2020年10月5日号〉

新型コロナの入院は、重症化リスクの高い人限定に。

2020.10.051,179 views

今朝のLINKED通信

新型コロナの入院は、重症化リスクの高い人限定に。

新型コロナウイルスは感染症法で「指定感染症」に位置づけられているため、政令で入院を勧告できます。
しかし、全員入院してしまうと医療現場がひっ迫するため、これまでも軽症・無症状の人は宿泊・自宅療養が認められてきました。
その方向性がこの秋、さらに徹底される見通しです。

続きを読む閉じる

10月中旬から入院の対象を限定。

報道によりますと、厚生労働省の審議会は、医療機関や保健所の負担を軽減するために、軽症や無症状の場合は、原則65歳以上の高齢者と持病がある人に限定して入院させる見直し案を了承。今月中にも政令と省令を改正していく方針です。

地域ごとに柔軟な対応を求める声。

この政府の方針に、待ったをかけたのが、全国知事会です。
都市部では無症状者や軽症者の宿泊・自宅療養が普及していますが、感染者の少ない地方では陽性者全員を入院させているところも珍しくありません。
それによって、重症化や感染拡大を防ぐ効果もあります。
そこで全国知事会は西村経済再生相に、都道府県知事が医療提供体制のひっ迫具合などに応じて、無症状者や軽症者であっても入院させることができるよう、柔軟な対応を求めたということです。

新型コロナの感染状況は地域によって大きく異なります。それぞれの実態に応じて、柔軟な対策を立てていってほしいものですね。

閉じる

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

NEWS

その他の記事はこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>